お風呂場のカビ予防

お風呂場のカビ予防にはこまめな掃除を

気付けばお風呂場にカビが発生している、といった経験は誰しもあると思います。
どのようにすればカビの発生を抑えられるのかについて、記述していきます。

カビの発生防止において最も大切なのは、掃除をこまめに行う事です。
少し放置していただけで、すぐに発声してしまうのがカビです。
掃除と掃除の間は、できるだけ短くしましょう。
あまり時間をかけたくない方や、水回りの掃除が苦手な方でも、入浴後のほんの数分を使用するだけで対策になります。

まず、壁や床などカビが発生しやすい場所に冷水をかけます。
石鹸や汚れをきちんと流す事で、カビに悩まされる心配が激減するのです。

お風呂場での掃除や手入れで見落としがちなのが、天井です。
天井は汚れや水滴が残りやすく、カビの最大の発生源ともなり得ます。

そのため、天井を除菌用アルコールなどで拭き掃除する事で、カビの発生が劇的に減少します。
その他にも、現在はカビ予防の掃除グッズが発売されているので、それらを利用する事も良い対策の1つです。

また、掃除した後には水気を残したままにしないようにしましょう。
カビは水気を好むので、入浴中だけでなくお風呂場を使用していない間も換気扇を稼働させておく事も大切です。
もし換気扇を稼働させておきたくないというのであれば、お風呂場の水滴を全て拭きとるといった方法もあります。

カビの餌になる水分除去が一番!

少し気を抜いてしまうとカビだらけになってしまうのが、お風呂場です。

このカビというのは微生物の仲間で、空気中に舞って胞子が水分を吸収することで発芽してカビとして成長していきます。

つまり水を扱うお風呂場はカビにとって住み心地の良い快適な空間ということです。

ですが、逆にいうと成長するために必要な水分を遠ざけさえすれば、カビの発生を防ぐことができるということになります。
お風呂場のカビ予防には、「乾燥」が何よりも大切なのです。

カビが繁殖しやすいのが20から30℃の室温、80から100%の湿度です。

お風呂を利用した後は室温が上がりますので、まず冷たいシャワーを振りかけてこの室温を下げておくようにしましょう。
そして湿気が篭らないように、最低二時間程度は換気扇を回しておくことです。
また、日中家にいるときはお風呂場の窓を開けて湿気を逃がし、そしてお風呂掃除をする時にはスクイージーなどを利用して、浴槽や壁や床の水を綺麗に切っておくことが大切です。

それにシャンプーの入れ物や風呂桶、お風呂の椅子なども置きっぱなしにしていると水分が溜まってしまいますので、面倒ですがきちんと水分を拭っておくようにしましょう。

水分を残さなければ、水を餌にするカビは発生することができません。
こまめに乾燥を意識して、水分を残さない努力をしていきましょう。

風呂道具には、ヒバ材の道具がオススメ!

風呂場のカビは厄介で、黒カビなどが生じると、カビを除去する掃除は強い洗浄剤を使っても、テレビコマーシャルのようにピカピカに綺麗になる事もなく、非常に厄介です。

これを考えると、いかに綺麗にカビを除去するかを考えるより、カビの発生を抑える事に注力するのが肝要だと言う事になります。

カビの原因は皮脂や石けんカスなので、入浴後に浴室全体をシャワーで洗い流し、飛び散った皮脂や石けんカスを完全に除去するとカビは生えにくくなります。

もちろん、皮脂や石けんカスと水分によってカビが生じるため、早期に乾燥させるために、風呂場のドアを閉めた上で換気扇をつけっぱなしにするのも効果があります。

風呂場の換気扇は1か月つけっぱなしにしても、電気代は100円〜300円ぐらいです。
換気扇がある場合には、掃除の手間を省くため積極的に活用すべきです。

風呂場全体を考えれば、以上の様な対策が効果的です。
ただし、風呂場内の椅子や風呂桶と言った道具にもカビが発生する事が多く、この対策が見落されがちです。

風呂場全体のカビ対策ができても、こうした道具にカビが生じ、それが風呂場全体に飛び散りカビさせる要因にもなりかねません。

この対策としては、カビが発生しにくい材料の道具を使う事もひとつの方法です。
その中でも、ヒバ材を使用した風呂桶や椅子などの風呂道具がお勧めです。

ヒバ材は抗菌、殺菌作用が強く、カビが発生しにくい素材です。
また防臭効果もあり、さらには癒しの木の香りも楽しむ事ができます。

このページの先頭へ