台所のシンクの掃除方法

お酢の力でシンクの水垢対策と除菌のダブル効果

台所は清潔に保つ必要があるのは、言うまでもありませんよね。
でも、日々料理などによる食材や生ゴミ、洗剤など使用頻度も高いので、少し掃除をサボるだけで、驚くほど雑菌や水垢が発生してしまいます。

特にシンクは水垢や石けんのカスなどが溜まりやすく、白くヌメヌメとした汚れがすぐに浮き出てしまいます。

こうしたシンクの汚れは見た目にも悪いことはもちろんです。
様々な細菌の温床になるので、常に綺麗で清潔な状態にキープして頂きたいのですが、その際にはお酢が非常に有効です。

お酢は古くからある生活の知恵として、様々な掃除場面で活躍します。

シンクの水垢などの汚れはアルカリ性なので、特にお酢が力を発揮します。

お酢を原液のままスポンジなどに含ませると効率が悪いので、スプレーボトルなどにお酢と水を1対1程度の割合で混ぜたものを用意します。

調理後など、シンクに雑菌や汚れが増えやすいタイミングでこうしたお酢のスプレーを吹きかけます。
少し放置した後にシンク掃除用のスポンジで軽く拭き取れば、水垢を落とし、さらにお酢の力で除菌を行うことが出来ます。

こうした掃除用に使うお酢は、砂糖の入っているすし酢や果実酢ではなく、穀物酢やホワイトビネガーなどを使用すると、より経済的で効果的に使用することが出来ます。
ぜひお試し下さい!

台所のシンクの汚れに重曹とクエン酸を利用

台所のシンクを清潔に保つ事は非常に大切な事で、家族の健康を考えた場合、常に衛生的でありたいものです。

しかし、忙しい毎日の中で、掃除する時間がなく、いつの間にかカビなどが発生してしまい困っている方も多いのではないでしょうか。

カビに気がついて台所のシンクの掃除を行っても、カビが綺麗にならないケースも多くあるでしょう。
そんな時にオススメの方法として、重曹と、クエン酸を利用して、綺麗にする方法があります。

重曹は、非常に万能で、料理はもちろん、掃除などに利用しても、非常に効果的なので、ホームセンターなどで購入しておくと大変便利です。
またクエン酸との連携プレイによって、洗浄力もアップするので、クエン酸も用意しておくと良いでしょう。

使い方も簡単で、台所のシンクの気になる部分に水分を少し含めた重曹と乗せて、そこにクエン酸を適量加えてみましょう。

ジューと言う音と共に、重曹とクエン酸が反応して、泡が発生しますが、10分くらい放置します。
その後、ブラシなどで擦ると驚くほど汚れが落ちるので、びっくりするのではないでしょうか!
重曹は、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して、利用する事ができます。

シンクを清潔に保つために簡単にできること

台所のシンクをいつもきれいにしておくには、毎日こまめに洗う必要があります。
食事の後に調理器具や食器の汚れを落とすついでに、洗剤のついたスポンジでシンクも洗う習慣をつけましょう。

食器用のスポンジとシンクのスポンジを分ける人がいますが、そこまで神経質になる必要はありません。
それよりもスポンジの交換を早めにすることで、スポンジの清潔度を保つようにしましょう。

また大切なポイントとして、シンクを水洗いした後は必ずからぶきをして、水けをとるようにしましょう。
残った水分は水垢になりやすいので、この作業はとても大切です。

また気を配っていても、水垢がついてシンク全体が白っぽくなってしまうこともあります。
この水垢は落としにくいことがありますので、重曹を振りかけてスポンジでこすり落としましょう。

なぜ重曹を使うかというと、重曹はクレンザーと違って粒子が柔らかいので、シンクを傷つけずに済むからです。

シンクにキズがついてしまうとそこから錆が出て、カビなども繁殖しやすいので注意が必要です。

排水口の汚れにも気を配りましょう。
排水口用のネットをカゴに張り、直接生ごみが排水口のカゴに触れないように気を配ります。
それでも一週間に一度は、カゴを取りだし、台所用の漂白剤を振りかけてぬめりや汚れなどニオイのもとになる成分を洗い落とすようにしましょう。

このページの先頭へ