家のエリア別、水の節約術

トイレの節水で光熱費を少しでも安くする

なるべく光熱費や水道費を抑えて、家計を節約したいと考えている人は多いですよね。

トイレの節水も非常に効果的な方法なので、家族と協力しながら、トイレ節水を行ってみませんか?

トイレの水は、毎日利用するものです。
お風呂の水の量よりも多くなる場合もあるので、節水を意識する事は非常に大切なので、家族で使い方を見直してみましょう。

まず基本的な事ですが、大と小のレバー使い分けです。
意外と何でもかんでも大のレバーで流している方も多いですが、これは水の無駄遣いと言えるでしょう。

必要な水量に合わせてレバーを選ぶ事で、節約効果は非常に高くなります。
普段意識した事がない方は、レバーの使い方を見直す必要があるのではないでしょうか。

また思い切って、トイレを最新型の商品に取り替える事も効果的な方法です。
最新のトイレでは、エコロジーに力を入れている商品も多く、自動で節水を行う事が出来る商品も増えています。
リフォームが必要になる場合もあるので、業者に相談しながら、自分達の使い方に合っている商品を選ぶようにしましょう。

このような節水によって、一年間の水の量は非常に大きく変わるのです。
家族としっかりと話し合って、節水に取り組んでみると良いでしょう!

お風呂場や洗面所での基本的な節水方法

「水と安全はただ」なんて言われていた時代もありました。
しかし、地球環境のことを考えると、やっぱり節水を心がけていくことが、今のエコの時代には欠かせなくなってきました。

それに、ちょっとでも水道代を安くしたいと考えるのは当然の事ですよね。
なので、一度でもいいので、節水方法を考えておく必要があるかと思います!

お風呂での節水方法として基本となるのが、「シャワーの出しっぱなし厳禁」!

「ちょっとくらいなら」と油断すると、あっという間に10リットル単位の水を無駄にしてしまいます。

また水からお湯に変わるまでに意外と時間がかかります。
その水はバスタブに入れておけば洗濯の時に使えるので、やったほうが良いかと思います。

洗面所に関しても、基本的には流しっぱなしにしないということが節水方法の肝です。
洗面器を使うだけでも、かなりの節水になってくれます。

「流水じゃないと洗った気がしない」なんて人もいるでしょう。
でも、洗面器の残った水を後で細かな洗い物をする時に使用できますので、ちょっと面倒かもしれませんがやった方が絶対にお得なはずです。

また朝シャンでシャワーを使われる方も多いですが、この時もこまめに水を止める習慣を身につけましょう。
いずれの場合でも「ちょっと面倒くさい」と思う気持ちを少し改めるだけで、かなりの節水効果が生まれてくることは間違いありません。
トライしましょう!

キッチンの節水のためにできること

キッチンはかなり水を使う場所とあって、節水を心がけている人は多いと思います。
特に洗いものなんかはかなり水を使うとあって、もう少し節水出来るのではと思います。
やるべきことはたくさんあります。

1つ目は、油がついたものはキッチンペーパーで必ず拭くということです。
やっている人は多いと思いますが、本当に十分拭いているでしょうか。
きっちり拭けば流すときはあっという間になります。
また、キッチンペーパーは折りたたんで使えばかなりの量を拭きとることが出来ます。

2つ目は、大き目の桶などを使うということです。
水をそこにたくさん入れて食器も入れて汚れを浮かせ、そこから1つずつ手に取って洗剤で洗い、桶の外にでも置いていきます。
食器を全て洗ったら、後はまとめて洗い流すだけです。
桶を水でいっぱいにするなら節水になっていないのではと思われるかもしれませんが、流しっぱなしではなく貯まっている水を使うので、十分節水となるのです。

3つ目は、極論かもしれませんが食洗機を使うことです。
これは、かなりの節水となります。
効率よく食器をまとめて洗ってくれるので、節水にはもってこいと言っても過言ではありません。
洗う食器が多いなら、むしろ食洗機のほうがずっとお得です。

このページの先頭へ